診療案内

手術

手術中は人工呼吸器・身体監視モニター(心拍数・呼吸数・血圧・体温・麻酔濃度・血中酸素飽和度等)を用いて状態を確認しながら安全に手術をおこないます。最近では椎間板ヘルニアの手術も増えています。

手術1

  • 手術2
  • 手術3
  • 手術4
  • 手術5
【内視鏡】内視鏡
慢性的に繰り返される非単純性の消化器疾患(悪心・嘔吐・下痢等)や異物を飲み込んでしまった時に開腹しないで食道・胃・腸の検査、異物の除去をおこないます。これにより身体への負担を軽減することができ、また消化器系統の評価を的確におこなえます。
Cアーム(術中外科用モニター)【Cアーム(術中外科用モニター)】
手術中や麻酔下にて、レントゲン透視を手術室から移動することなく確認・処置を行えます。
電気メス・バイポーラ【高周波手術装置】
→電気メス・バイポーラ
手術中の出血や切除の際に止血を早く確実におこないます。
→バイクランプ
本来、手術糸を用いて組織を結び切除を行いますが、近年手術糸に対する生体組織反応を起こすケースが多いので、蛋白凝固をすることにより手術糸を用いない手術を実施します。
炭酸ガス(CO2レーザー)【炭酸ガス(CO2レーザー)】
メスでの切開より出血が少なく、また手術後の痛みや腫れを軽減することができるため、広範囲の腫瘍切除等に用いて負担を軽減します。または麻酔下での口内炎の消炎に用います。

※写真をクリックすると拡大して表示されます。

診療案内

はやし動物病院診療情報

休診日
火曜日・金曜日の午後は休診
診療時間
9:30~12:30、16:00~19:00
住所
〒286-0029
千葉県成田市ウイング土屋56-1
TEL:0476-22-3386
FAX:0476-22-7884
アクセスマップを拡大する
詳しい地図はこちら
  • 獣医師スケジュールはこちらから
  • お問い合わせは電話:0476-22-3386